体験談

 

シャトーペトリュス『白鳥』

投稿者:吉原全店制覇するぞ!さん

始めに言っておきます。お尻が筋肉痛じゃ~!

今回のお相手はシャトーペトリュスの白鳥嬢。待合室で待っていると烏龍茶を飲みきる前に声がかかった。

そのまま立ち上がり待合室を出ると「行ってらっしゃいませ!お時間までごゆっくりお過ごし下さいませ!」声のボリュームもあり何度聞いても恥ずかしいものだ!

突き当りを左に曲がると白鳥嬢がお出迎え!小柄でスタイルが良い!
顔は写真そのままで綺麗系で俺好みでラッキー!

すぐに腕を組み、歩きだすと白鳥嬢の胸が俺の腕に当たり、股間が熱くなった!部屋に入る前にトイレを促されるがスルーして部屋に入った。

「本日は宜しくお願い致します」白鳥嬢に挨拶を受けると間髪入れず、俺の着ていたシャツのボタンを外し始める。されるがままの俺。手際よく脱がせる白鳥嬢。一気に全裸になった俺だった!

通常、腰にタオルが巻かれるのかと思っていたが、そんな時間は省く感じで全裸の俺をBッドに座らせた。

白鳥嬢が膝をつく感じで俺の股の間に入った。そのまま白鳥嬢の顔が近づきキスが始まった。すぐに白鳥嬢の舌が入ってきた!しかも舌先だけを出し入れする。俺にとっては独特なキスと感じ、そのまま受け入れながら時間が過ぎた。

程なくすると白鳥嬢の右手が俺の半勃ちになったポ○チンを触り始めた。柔らかく温かい手ですぐにフルボ○キ状態に!

白鳥嬢の口が俺から離れ、乳首を舐め始めたと思ったらすぐに急降下、Fェラが始まった!

上手い!上手すぎる!口内圧が絶妙に気持ち良く、それでいて舌の使い方が完璧!思わず白鳥嬢の頭を掴んだ!

音を出したり唾液を大量に出したりしない、ゆっくり丁寧であるが舌使いや口内圧がたまらなく気持ち良い!

俺が白鳥嬢の着ていたワンピースのファスナーを外す。スッとワンピースがはだけ、赤いブラが目に入った。そのままブラのホックを外した俺。

未だFェラをし続ける白鳥嬢。自らブラを外し一旦俺のポ○チンから離れた。すぐに立ち上がりワンピースを脱ぎ捨て赤いパンツも脱いだ白鳥嬢。

びっくりしたのが白鳥嬢のスタイル!胸が大きく、しかもお椀型の立派な胸!ウェストのくびれに、都こんぶバリの陰毛の面積。しかも薄く処理されていて、美に対しての意識が高いことが分かる。

黒く長い髪をUPにした白鳥嬢。「横になって下さーい」と俺をBッドに寝かせ俺をまたぐ。

再びキスから始まった。今度はお互いの舌が絡み合う激しいディープキスからだった。俺の口から離れるとそのまま俺の乳首を舐め始めた。片方の乳首を指でクリクリ刺激しながら舌を使う。

舌の筋肉が発達してるようで、キスした時からそれは感じた。基準が分からないがイ○リー岡田と匹敵するんではなかろうか?

乳首を舐めるとゆっくりしたスピードでお腹まで舐めながら移動し、おへそを折り返し、もう片方の乳首へと舐めながら移動した。

再びFェラが始まった!俺の股に収まり両手をBッドに付きFェラをする白鳥嬢。両手を使わず、ただ口だけを動かし舌を駆使しながら!

白鳥嬢の口から俺のポ○チンが離れ、白鳥嬢が俺のキン○マを持ち上げると蟻の門渡り!レロレロと舌を動かしながら上下に移動する。気持ち良くもありくすぐったくもありで悶絶しそうになる!

白鳥嬢がキン○マを口に含んだ。口の中で優しくローリングしている。温かくてほっこりする時間だ。

今度は俺の股、足の付根を下から上へと舐め始めた窮屈そうだったので俺が股を広げ、アシストしてあげた。

再びFェラをしたあと、俺のお腹を舐めながら乳首へと移動し、俺をまたいだ。

何も言わず、ただ俺を見つめながら白鳥嬢が右手で俺のポ○チンを持った。そのまま騎乗位で静かに腰をおろす白鳥嬢。

締まる!キツイ!そして温かい!膝をつきながら腰を上下に動かす白鳥嬢。リズムに合わせてだんだんと出てくる喘ぎ声。決してピチピチの若い女とは言えないが喘ぎ声も可愛い!

そのまま上体を起こし対面在位に移行する。細くくびれたウェストを抱きかかえ、お椀型の胸を口に含む。パンパンに膨れ上がった胸は舐めごたえがある!俺が右手で白鳥嬢の胸を揉みながら片方の胸を舐めていると、白鳥嬢が自ら腰を動かしている!
若い子とは違う熟女の本気のS○Xを感じた。

予想外の腰の動きで出そうになる俺!「俺が上になる」と申し入れ、一旦離れた。仰向けになる白鳥嬢。正常位で待ち受ける姿を見て思った。マ○コが綺麗!カエルがひっくり返ったように、白鳥嬢自ら脚を持ち、俺を受け入れようとしているマ○コがテカテカに光っていて色も形も綺麗だった!

普段舐めない俺だが、寄り道して白鳥嬢の脚を持ちク○ニした。無味無臭!クリ○リスを舌で刺激すると体が反応して可愛い喘ぎ声が凄く印象に残っている。

いよいよ正常位でイレる!その頃にはもう射○感もどっかへ行き、余裕でイレた!イレると同時に白鳥嬢が俺の肩に手を回し抱き寄せた。

俺も白鳥嬢を抱きしめゆっくり深く突いた。やっぱり締まりも最高!先程よりも喘ぎ声も反応も大きく、素直に大胆になった気がする。「気持ち良い」俺の耳元で言ったこの言葉は演技ではなく本心だと信じたい!

もう出す!いや、出ちゃう!っと思い、そのまま抱きしめながら一心不乱に腰を振る俺!白鳥嬢も力が入り激しく動き喘ぐのが印象的!そんな白鳥嬢を見てたらすぐに果てた!
熟女の本気のS○Xを味わったような気がする!決して若い子では味わえないであろう!
そのまま二人で横になるとすぐに起き上がり俺の下の世話をし始める白鳥嬢。「Mットしても大丈夫?」下の世話をしながらそんな言葉を聞くと現実に戻る。

俺の股間にタオルを掛け、ドリンクを注文。ドリンクが来るとテーブルには置かず、俺が横になってるBッドの上に用意した。至れり尽くせりだ。

休憩が済むと、風呂場へ向かいシャワーの温度調整をして俺を迎えに来た。「どうぞ~」俺の手を持ちIスまで誘導し座らせた。

俺の前に腰をおろすとボディーソープで泡を作り始めた。シャワーで俺の体を流し終えると白鳥嬢が泡を俺の全身に塗りたくり、手を使って洗ってくれた。

Iスに関しては、ボディ洗いはなく、手で隅々を洗う感じでした。

洗い終えたあとはそのまま俺がお風呂に浸かり、白鳥嬢も自分の体を流し終えるとお風呂に浸かった。

お風呂の中ではお互いが向かい合う形で座り、何も言わず腰を持ち上げられ潜○鏡が始まった。Fェラの技術は認めるが、流石に勃たなかった。

Mットの準備に取り掛かる白鳥嬢。小柄な体で大きいMットを操る白鳥嬢が可愛い!本当にボディラインがしっかりしていて綺麗な体だった。

器用にローシ○ンを作り始める白鳥嬢。桶に入ったローシ○ンを両手で縦回転でぐるぐる!かなりのスピードだった!ローシ○ンを作り終えるとMットにローシ○ンを垂らし、白鳥嬢が体を使いMットの上を舞いながらローシ○ンを馴染ませた。

準備が終わり俺をうつ伏せになるように促す白鳥嬢。滑らないように気遣いをしてくれた。

無事うつ伏せになると背中、下半身に温かいローシ○ンが塗られる。俺に跨ると白鳥嬢が胸を俺の背中に押し当てボディ洗いが始まった。乳首の感触が気持ち良い。

背中一面を洗い終えると、背中を吸い付きながら滑る。吸引力が半端ない!

次に俺の横にくっつき、俺の側面を吸い付きながら上下に滑る白鳥嬢。その間ずっと空いてる手でフェザータッチしていたのがめちゃくちゃ気持ち良くて印象的だった。

両方の側面を終えるとお尻を吸い付き始めた!一気に全身の力が入った!気持ち良さとくすぐったさが絶妙!吸い付かれると全身に力が入る、抜けるの繰り返しで疲れるぐらいだった。

そのまま同じ方向を向いた白鳥嬢がそのままお尻から太腿、膝の裏、ふくらはぎまで吸い付きながら滑った。かかとに限っては軽~く甘噛!それをもう片方の脚も行いかかとを甘噛。

そうすでにお尻を中心に力が入りすぎてぐったり状態。

反対方向を向いた白鳥嬢が俺の脚にまたぎ、俺の膝を曲げ足の裏を白鳥嬢の胸に押し当て洗う。乳首の感触が気持ち良くもくすぐったい。

胸に押し当てたあとはそのまま白鳥嬢が足を舐め始めた。小指から一本一本丁寧に舐め、その後は指と指の間も丁寧に舐め、かかとを甘噛した。それを両足行い、すでに満足状態だった。

それを終えると俺の脚を開き、白鳥嬢が腕を入れで俺のお尻を浮かすとア○ルを攻めてきた。白鳥嬢の強靭な舌でレロレロされると、指で攻められてるような力強さを感じる。だが気持ち良い!すでに力みながら悶絶状態だった。

仰向けになるよう白鳥嬢促され、仰向けになるとポ○チンが勃ってる!多少恥ずかしかったが平静を装う。

白鳥嬢が俺の側面につき俺の乳首を吸い始める、片方の手で空いた俺の乳首を刺激しながら。十分に乳首を攻めるとお腹周りを吸い付く。やはり吸引力が半端ない!

上半身が終わるとそのまま俺の側面で、ポ○チンをシコシコ握る白鳥嬢。そのまま俺の側面を吸い付きながら膝ぐらいまで滑り降りる。仰向けになっても力みっぱなし!くすぐった気持ち良さで俄然悶絶中である!

もう片方の側面も終えるといよいよFェラだ!ポ○チンが待ってました!っと言ってるかのようにギンギンに力んでる!

俺の脚を開き股に収まるとFェラが始まった!先程のBッドのFェラとは違い、ローシ○ンも手伝ってか、格段に気持ち良い!

口の吸引力と力強い舌使い、それにローシ○ン手コキ!白鳥嬢もローシ○ンのせいか、動きがスピーディーでエロい!

出そう!やばい!全身に力が入る俺!はい!暴発~~~!白鳥嬢も知ってたかのようにゆっくりと動きながら吸い取ってくれた。
ポ○チンから離れた瞬間、俺を見てニコッと笑った。めちゃくちゃ可愛かった!

もうすでに放心状態。白鳥嬢の口の中など気にせず全身の力を抜き、深呼吸していた。

白鳥嬢が口を濯いだあと、ボディーソープで泡を作り俺の体に塗り始めた。上半身を塗り始めると俺の脇から手を入れ、背骨に沿ってマッサージをしてくれた!めちゃくちゃ気持ち良くて声が出るくらいだった。

そのまま全身に泡を塗り終えると、シャワー片手に上半身、下半身と丁寧にゆっくり洗い流してくれた。

俺の腕を持ち上半身を起こすと背中を流し、一人でお風呂に浸かった。湯船に浸かるとなんとも言えない爽快感!身も心もスッキリして目を閉じた。

白鳥嬢はMットの後片付けをしている。小柄な体でテキパキと動いている姿は本当にキュートだった。

Mットの片付けを終えると自分の体を洗い、お風呂には浸からず体を拭いた。

「いつでも上がっていいよ」タオルを持って待っている白鳥嬢。風呂から上がり白鳥嬢の前に立つと全身を拭いてくれ、最後に腰にタオルを巻かれた。

再びBッドに座ると、先程のドリンクを俺の前に用意し、グラスを持ち上げ水滴を拭き、コースターの水滴も拭いてくれた。大人の女を再び感じた。

休憩しながら会話を楽しむ。流石に2人の距離も縮まり会話も弾む。そんな会話を打ち消すように白鳥嬢が言った。「もう1回しようか!」無理無理無理無理!

白鳥嬢にもう満足したことを伝えると、Bッドにうつ伏せになるよう促され、マッサージが始まった。

足の指から始まり足の裏、ふくらはぎから上へと進み、背中から首まで完璧なマッサージだった。聞いたらエステティシャンだった!

時間ギリギリまでマッサージをしてもらい、コールが鳴って慌てて着替える始末だった!


<感想>
顔はホームページのままで、俺好みの美形。体は完璧!小柄で痩せているのにもかかわらず形が良く、大きかった。ウェストが締まってて形の良いお尻!肌も綺麗で体のメンテナンスを怠ってない感じでした。
最大の魅力はMットの上手さと大人の女の魅力!Mットに関しては「あれ以上の技術があるのか?」と思うぐらい上手くて、終始お尻に力が入りっぱなしで、おかげで筋肉痛になりました!
熟女の定義はよくわからないけど、30代後半から40代ってバリバリ良い女ですよね!最近では50代も良いかも?

白鳥(-) T155.B85(E).W58.H85

吉原大衆店「シャトーペトリュス」の情報はこちら

体験談一覧はこちら

メールマガジンの登録

もちろん登録無料です♪

インフォソープのメルマガに登録してお得な情報をゲットしよう♪

インフォソープメルマガでは、グラビア、インタビューなどのコンテンツの更新情報や、お得なキャンペーン情報、メルマガ限定のお得情報などを毎日配信しています。
この機会に是非、無料で登録できるメルマガにご登録ください♪

メルマガの登録はこちらから

(注)迷惑メール防止等にドメイン指定受信をご利用の方は、
ドメイン info-soap.com を指定受信に設定してください。