シルキードール(しるきーどーる)

予約電話:03-3871-4779

体験談

2016/04/20

シルキードール『なお(21)』

執筆者/INFO-SOAPスタッフ

桜も散ってポカポカ陽気が続く中、散歩へ出かけフラっと寄ったのが“シルキードール”。
筆者を見つけニコっと会釈をしてくれたのが“T店長”、相変わらず優しさが顔ににじみ出ています!

お話を伺おうとお店に入ると突然写真を出され、
「素人の女の子なんですけどどうですか?」
「は?」
「背が高くスタイル抜群でおっとりした感じのド素人です!」
「筆者に遊べと?」
「良いですよ!」

“ド素人”の言葉にやられてしまった筆者!
すぐさま待合室へ通され待つ事数分!

「ご案内させて頂きます!」

廊下を歩き、階段で待つ“なお”姫とご対面!
高身長も手伝ってか、筆者より2段上の階段で立っていたため凄く背が高く感じた!

「こんにちは」

ド素人と聞いてたためかぎこちなさを感じる!
“なお”姫より先に歩き部屋を目指す筆者。

「その左で開いてるドアの部屋です。」

部屋に近づくと湯船にお湯をはる音が。段々とテンションが上がってきた!

「あっ!“なお”です。宜しくお願いします。」

部屋に入るとぎこちなく挨拶をする“なお”姫!緊張してるのが分かる!

「今日は頼むね!」
「あっ!はい。」

早速筆者がジャケットを脱ぎ“なお”姫に渡すと慌てながらハンガーを手にしジャケットを掛ける。
慌てっぷりが妙に可愛い!

そのままシャツ、ズボン、靴下を渡しパンツ一枚でBッドに座る筆者。
慌てながら渡された衣類をカゴにしまう“なお”姫。
しまい終えると筆者の横に立ち着ていたキャミソールを脱ぐとすぐに自分の腕で胸を隠す!

「恥ずかしい?」
「うん」

可愛い~~~!胸を隠すソープ嬢を初めて見た!
胸を隠しながら筆者の横に座り、筆者のパンツに指をさし、

「パンツはまだ脱がない?」

筆者がパンツを脱ぐと同時に“なお”姫もパンツを脱いだ。
恥ずかしさを隠すためか同時に脱いだ“なお”姫。幼稚な一面も見れた!

「シャワー浴びよっか!」

2人で浴室に移動し“なお”姫の指示通りにIスに座る筆者。
泡の準備もせず、シャワーの温度も確かめず筆者を先にIスに座らせる所がド素人まる出しでちょっと微笑ましかった!

筆者を目の前にし、膝を付きながらシャワーの温度調整完了。
筆者の上半身にシャワーを浴びせ終えると泡を作り始めた。っと言ってもスポンジにボディーソープをかけ、泡立てると筆者の上半身を洗い出した。
簡単ではあるが洗い終えると“なお”姫の手で筆者のチン○ンとア○ルを洗いシャワーで流す。

次にイソジンを済ませ歯ブラシを渡され歯磨きをする筆者。
“なお”姫は自分の体を洗い流している。肌寒さを感じ先に湯船に浸かり歯ブラシをする。

「私も入っていい?」

筆者が歯ブラシを終えると“なお”姫も湯船に浸かりラブラブムードに!
ちょっとは緊張もほぐれたか?

スタイルは良く、高身長のため“スレンダー”という言葉が似合う。
ガリガリではないが無駄な贅肉はなく細身で体のラインが綺麗!
胸は巨乳ではなく貧乳でもなく程よい大きさで色、形も綺麗。ウェストがキュッと締まっていてお尻が大きい。
なのでラインがハッキリ出ていてイヤらしい体!

湯船でラブラブしてると“なお”姫から積極的に筆者のチン○ンを触ってきた!
同時にキスが始まる。たまらず筆者も胸を触り乳首を転がし始めるとすぐに“なお”姫の息が漏れる。

「ふ~ん、ふ~ん」

湯船の中で筆者が“なお”姫の胸を揉みながらキスをし“なお”姫が筆者のチン○ンをしごく。
こんな動作が永遠につづく事に飽きた筆者が聞いてみた。

「いつもどんな感じで進めてるの?」
「ん~・・・。まだ2日目だからあんまり分からない。」

そうだ!ド素人だった!
“なお”姫のバリエーションの少なさが目立ったため気になったが素人だという事をすっかり忘れていた筆者!

「してみたい事ある?」
「してみたい事?ん~・・・舐めてみていい?」

舐めてみて下さいよ~~~!なんて可愛いんでしょう~!チャレンジ精神が素晴らしい!
“なお”姫が言い終えると筆者の股に両腕を入れ腰を浮かし潜○鏡を始めた!
優しいFェラ!中○生のFェラとでも言いましょうか?実に初々しさがあります!
経験の少なさが感じられてそこがまた妙に興奮させられました!
ネッとりまったりとイヤらしくなく、ただ真面目に丁寧に優しく潜○鏡をする“なお”姫!
チン○ンから口を離すと体をかがめ、キン○マを舐め、口に含む。
実に優しい。キン○マを口から開放すると筆者の太ももを舐め始めた。左右の太ももを優しく丁寧に舐めた。

「Bッド行こう!」

筆者から切り出し、先に“なお”姫が風呂から出た。
筆者から切り出さなかったらあと何分やっていたかちょっと不安に思った。

チン○ンをそのまま勃たせ“なお”姫の前に立った。
バスタオルで拭いてもらい浴槽を見ると排水口にお湯が流れている。

「お湯抜いた?」
「いや、抜いてないよ。栓がゆるいのかな~」

何も気にすること無く自分の体を拭いていた“なお”姫だった。

「俺を好きにして!」

Bッドに座るとすぐに“なお”姫に言った。
一瞬躊躇したように見えたが“なお”姫からキスをし始め筆者の乳首を触る。
次第に下へと移動し筆者の乳首を舐め始めた。

「寝ようか?」

かがむ姿勢がきつそうだったので筆者から声を掛けた。

「うん!寝て~」

筆者が仰向けになると乳首から舐め始め、すぐにFェラをした!
筆者の股の間に正座し優しくFェラをする“なお”姫。
筆者が上体を起こし見ると実に素晴らしいウェストからのヒップライン!
エロ本に出て来そうな実にイヤらしいお尻が印象的で興奮する!

優しいFェラを済ますとキン○マを舐め、脚の付け根、太もも、膝を舐める!
実に丁寧で優しい舌使いだった。両脚を舐め終えると再び筆者の乳首を舐め始めた。
また同じ動作をし始めたため筆者が言った。

「変わる!」

ここでもド素人を露呈してしまった!Hの経験自体が少ないのではなかろうか?
1つの作業を単調に丁寧にこなす“なお”姫が初々しくて愛おしく思え抱きしめたくなる筆者だった!

“なお”姫を仰向けにし筆者が攻める!マジマジと見るが実にイヤらしい体だ!
乳首を優しく舌で転がし、もう片方の乳首を指で優しく転がす。

「うん~はぁ~ん~」

控え目ではあるが反応してくれている“なお”姫。
上半身を重点的に舐めまわす筆者。下半身はお尻から太ももを触るがマ○コは無視!
胸から脇腹、お腹から腰へと舐めまわし内ももを触る筆者。

「あ~ん、う~ん、う~ん、あ~ん」

そっとマ○コを触ってみた。黙秘権を行使してるかのようにガッチリと口を結んでいるマ○コ!全然濡れてない!

「緊張してる?」
「うん」

格好つけて聞いてみた筆者!情けない!
再チャレンジとばかりに今度は腰からお尻、太ももから内ももへと舐めまわした!

「あ~ん、あ~~ん、あん!あ~~ん!」

いよいよマ○コを舐める!優しくペコちゃんキャンディを舐めるように顔を上下に動かしながら丹念に!
マンぐり返しをし脚を開き舌を入れる筆者!

決壊~!ダム決壊~!中は愛液で溢れていた!緊張していたマ○コが緩み微笑んだ瞬間だった!
同時にネチョネチョとイヤらしい音とともに“なお”姫も素直になって来た!

「あっ!あっ!あっ!あ~ん!」

“なお”姫の体の反応も良くなって来た!体も火照り始め薄っすらと汗がにじんでるのが分かった。

「イレよう!」

帽子を取りに行く“なお”姫。その隙にBッドに仰向けになる筆者。
帽子を被り終え筆者をまたぐ“なお”姫。なんの躊躇もなくゆっくりと腰を下ろした。

「あ~~~ん!固い~ふ~~~ん」

温かい!温かくて程よい締まり具合で気持ち良い!
筆者が“なお”姫の腰を持ち奥深くイレる!そんな動作をしているとやっぱり気付いてしまった!
動きが単調でぎこちない!

「どんな体位が好き?」
「え~なんだっけ?これの反対のやつ」

正常位も知らないのか~~~!正常位という言葉も出てこないぐらいウブなのか?
ただ分かるのは動きからするとあきらかに経験不足!もっと淫乱な女に育ててみたい!
そんな事を思いながら腰を降っていた!

正常位になりゆっくりと深くイレた!

「う~~ん!ハァハァハァ!あ~~~ん!気持ち良い~~~!」

どんどん愛液が溢れ、より一層マ○コが温かくなるのが分かる!
“なお”姫の脚を縦に伸ばし腰を振る筆者!光るチン○ンとビチャビチャのマ○コがイヤらしい!
そのまま“なお”姫を横向きにし、脚を折り曲げ深く突く!
大きいお尻がなお一層興奮する!

そのまま体重を乗せもっと深く突く!
雄のようにガンガンと荒々しく付きまくる!

「う~~ん!あん!あん!あん!あ~~~!」

最後は悲鳴のようにも聞こえる“なお”姫の喘ぎ声だった!

掃除を済ませドリンクを注文。ドリンクを待ってる間に風呂場へ行く“なお”姫。

「あ~お湯が無くなってる~」

だよな!

「栓はささってる?」
「ささってない!」

だよな!潜○鏡で夢中になっていたのだろうか?またまたド素人を垣間見た!
そのまま栓をしてお湯を溜める“なお”姫!それをBッドで見つめる筆者。
本当にウェストからのヒップラインが実にイヤらしい!

ドリンクを飲みながら会話をする。やっと緊張もなくなると親近感も湧いてきて話も弾んだ!

「お風呂入ろうか!」

やはり一緒に風呂場まで移動しIスに座った。
前半と一緒の行動をするド素人の“なお”姫が愛おしい~!

最後にお風呂に一緒に入り温まっていると“なお”姫がマッサージをしてくれた!

「気持ち良いね~得意なの?」
「得意だよ!」

首、肩、腕、そして肩甲骨のマッサージを時間いっぱいまでやってくれた!
気分爽快!
お世辞抜きで風呂から上がったら上半身が軽くなった気がした!

最後は時間が無くなりバスタオルをもらって自分で拭き、お互いが急いで着替えを済ませキスをし、抱擁して部屋を出ました。


<総評>
最初は物凄く緊張感が伝わってきてちょっぴり心配でしたが、徐々に緊張もほぐれ満足できました!
おっとりとした性格と話し方で親近感が湧きましたね!
スタイルは抜群でくびれは最高級!
筆者は大満足でしたが巨乳好きには少し物足りないかも!?
おそらくHの経験自体が少なく思えましたね!
“ド素人”好きには是非ともオススメです!
筆者も今日一日で手取り足取り一から教えてあげなければ!って思えるような“なお”姫でした!

なお(21) T167.B86(D).W58.H88

吉原大衆店「シルキードール」の情報はこちら