ラストシーン(らすとしーん)

予約電話:03-3876-5755

体験談

2015/05/30

ラストシーン『有紀かな(21)』

投稿者:燃えかすさん

 2ヵ月程度前になります。お店には何回か行ったことがあり、今回AV女優の有紀かなさんを指名しました。
8席程度の待合室で時間を待ち、声がかかってエレベータの中でご対面。

 少しはにかんだように、上目遣いでご挨拶の時点でこちらの緊張もマックスに。やや鼻にかかった声です。
見た目はAVのまんまで可愛い・・・普通~やせ形の体型でドレスに押さえつけられている巨乳が張り出しています。
そのまま手を引かれてお部屋へ。

 部屋へ案内され、とりあえずBッドの横の椅子に腰掛けて待ちました。
靴をそろえ、扉を閉めるやいなやこちらへ小走りで駆け出し、座っている小生に抱きついてきていきなりの激しいキスからプレイ開始です。ひとしきり唇をむさぼりあい、舌をむさぼりあいます。
そこから脱衣を手伝ってもらい、次にドレスに手をかけて脱がせると、豊満な胸があらわに。ノーブラです。色の薄い乳首もあらわに。
そこから立ってもらい、足の付け根を目の前に見ながら下着を下ろします。
優しく触ってみると既に少し濡れていましたが、ここで「Bッドに行こっ」とお誘いが。

 Bッドに腰掛けて再度ディープキスから開始し、乳房に徐々に刺激を与えながら押し倒します。
「もっと激しく揉んで」と言われ、徐々に強くしながら乳房に顔を埋めつつ、既につんと立っている乳首を唾液まみれになるほど責めました。
ここで下を触ると既にかなり濡れており、徐々に下に移動し足の付け根~真ん中へ舌を這わせ、指を中にイレます。するっと侵入OK。
クリ○リスを責めながら中のこりこりした部分に刺激を与えていると、徐々にあえぎ声が大きくなってきてよい反応にこちらの気分も良くなります。
かわいい反応に「こっちもなめて」とお願いして攻守交代。

 寝そべると唇~乳首と徐々に下に攻撃ポイントが移動していき、ついに息子をぱくん。
奥まで飲み込み、口の中に含んで舌で責めてきます。
この攻撃に硬度マックスにされてしまったところで、向こうから「イレて♪」と声がかかり、家族計画装着して騎乗位で挿入です。
奥まで飲み込まれ、上下動開始。
上下に揺れる乳房を下から攻めながら歪めている顔を見ているだけですぐに行きそうになってしまったので、そこから小生のお気に入りの対面座位でキスを交わし、正常位へ。
締まりは普通ですが乳房の揺れとあえぎ声とかわいい顔がゆがんでいるのを眺めていたら正常位に変わった直後に突如限界が訪れ一発目の発射となりました・・・

 家族計画を外し口できれいにしてもらい、横になって後ろから手を回して乳房を揉みながらいろいろ話をします。
話し方はギャルっぽくて今時の若い子といった感じです。
いつもなら飲み物を頼むのですが、乳首を責めながら話をしていたらびっくりするほどびくびく反応するので、こちらもすぐに回復してしまい(笑)、そのまま2回戦に突入です。

 今度はいきなりFェラから開始。少し申し訳ない気分になりましたが積極的に責めてくれます。
こちらからもディープキスをお返しし、下から乳房と乳首を攻め、そのまま顔の上をまたいでもらい、クリ○リスを舌と指で愛撫します。
「エッチですね」「どっちが(笑)?」といつの間にか言葉のやりとりも垣根が外れ、再度Fェラをしてもらい、今度はリクエストで正常位~側臥位、Bックと形を変え、正常位で終了。
またも口できれいにしてもらい、今度こそはと飲み物を頼みます(笑)。

 ここから体を流してもらい浴槽へ。
浴槽でもしっかり密着、後ろから抱きかかえ乳房と股間をしっかり責め、お返しの潜○鏡を受けます。
ばっちり回復してしまい、普段滅多に出来ない3回目に突入してしまいました。

 もうお互いの準備は完了しているし時間も少し迫ってきたので、キスと上半身責め、Fェラのお返しですぐに挿入。
今度はBックから開始、途中で申し訳ないことに小生が元気消失(汗)、再度回復させてもらって正常位で終了。
急いで体を流し、服を着てお別れの時間になります。
部屋を出る前にディープキスのお誘い、部屋を出てエレベータに乗り、降りる前にもしっかりキスでのお見送りがあり終了です。
帰りの電車の中で心地よい疲労感と股間のちょっとのひりひり感で余韻に浸ってしまいました・・・(笑)

有紀かな(21) T158.B90(E).W56.H84

吉原高級店「ラストシーン」の情報はこちら